日産が米南部の竜巻の被害者に、社員価格での割引販売やローンの猶予を発表
日産アメリカは、米南東部で起こった竜巻や洪水の被害者に、同社の車を社員割引価格で提供することや、購入する車に支払遅延プログラムを適応させることを明らかにした。さらに、日産アメリカは被災地の復興を願い、約940万円の義援金を赤十字に寄付している。

この社員割引価格は、通常、会社の社員やその家族(配偶者や子供)に提供されるものだが、今回の災害で移動手段を失くした被害者であれば、この割引価格が適応されることになる。ただし、このプログラムはテネシー州、ケンタッキー州、ジョージア州、アーカンソー州、ミシシッピ州、アラバマ州に在住の被害者に限られ、普段使用する自家用車の損傷を証明するものが必要になるとのことだ。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。