GMジャパンは横浜で開催された"人とくるまのテクノロジー展"にてE-REV(航続距離延長機能付EV)のシボレー・ボルトを日本初公開した。


アメリカでは昨年の12月より約335万円で市販を開始しているが、日本では当面公道での走行試験を行うということで、市販は未定とのこと。

ちなみに、今回シボレー・ボルト日本で公開は、GMの最先端技術を告知することで、シボレー・ボルトの再構築すること目的としている。EVと言えば三菱のi-MiEVや日産のリーフ等の量産型EVが発売されているが、シボレー・ボルトは、日本では量産車両として発売されていないE-REVというジャンルのEVということが最大の特徴である。

E-REVは、EVと違いガソリン等の燃料で自ら発電するユニットを搭載している。そのため、シボレー・ボルトは、約40~80kmのEV走行に加え、搭載エンジンのエクステンデッド・レンジ機能によって約600kmまで1回の航続距離を延長することが可能となっている。もちろん給油を繰り返すことで、ガソリン車と同様の使い方もできるのだ。

使い勝手はプラグインハイブリッドに近いイメージがあるが、ハイブリッドカーとの違いは、ハイブリッドカーがエンジンを主軸として駆動するのに対し、シボレー・ボルトは、電動モーターを主軸として駆動するということが主な点である。リーフでは1回の充電で200kmの走行を可能としているが、私の実走行では1充電150km前後が実用距離であった。帰省や旅行を考えると150kmの航続距離では心もとない。

また、計画停電の恐れやディーラー充電スポットの休日や夜間の充電不可という現実を考えると、一般ユーザーの多くは現状のEVへの転向は厳しい点がある。そういう面では、毎日の近距離の通勤に、週末のロングドライブというファミリーカーの使い方を考えると、シボレー・ボルトの方が使い勝手が良いと思われる。

燃料価格の高騰、電力不足という面では選択肢が増えることは良いことである。一日も早い日本導入を望む。

Related Gallery:WildStar final class reveal