偶然入った博物館で大発見!全米屈指のシェルビー・コレクション!!!
クルマ好きとして知られるカミル・カルスキーさんが『自動車博物館』の看板を見つけたのは、愛娘とコロラド州の田舎町をドライブ中のことでした。 期待せずに博物館を覗いてみたところ、なんとそこには全米屈指のシェルビーのコレクションが眠っていたのです!
 
カミルさんと娘さんを迎えてくれたのはシェルビー・コブラやマスタング、GT40などの特別なモデル。 さらにシェルビーのパーツを運ぶために使用されたファルコン・ワゴンや、キャロル・シェルビー本人がレースにも使用したフェラーリなど。  

カミルさんが運営するカーガイ・ダッドのホームページでは、多くの写真も公開されています。 カーガイ・ダッドのホームページを見るにはココをクリックしてください。