【スパイショット】新型ホンダ「CR-V」は3列シート?
2012年型ホンダ「CR-V」のスパイショット

ホンダは、東日本大震災の影響で部品不足に陥ったことから新型「CR-V」の発表を延期していたが、この度、同車のプロトタイプが実際に走行する様子を初めてキャッチしたのでご紹介しよう。

試作車はフロントエンドと後部にカモフラージュがされているものの、全貌はほぼあらわになっている。Dピラーには現行モデルと同様にテールランプが搭載されているが、フォルム自体は大きく様変わりしており、ボルボを思わせるデザインだ。また、車体後方が伸びていることから3列シートである可能性が高いが、かなり窮屈そうに見えるのは否めない。

気になるエンジンは、現行の2.4リッター直列4気筒DOHC i-VTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)から若干パワーアップし、燃費も改善していると予想される。

オートブログでは引き続き新型CR-Vの情報をお届けするので、楽しみに待っていて欲しい。