【ビデオ】トヨタとスバルの「FT-86」、今度は スパイ
FT-86テスト車のビデオは「続きを読むから!

トヨタスバルが共同開発しているスポーツカー「FT-86」のスパイ写真を先日続けてご紹介したが、今度はFT-86の情報フォーラム「FT86クラブ」からその動画が届いた。早速「走るFT-86」をご覧あれ!



このビデオも、先日お見せしたスパイショットと同じく、ドイツ・ニュルブルクリンク近くの一般道で撮られたもの。スバル製「フラット・フォー」のサウンドが聞こえるだろうか?

FT86クラブでは、このテスト車両のフロント・フェンダー、Aピラー付け根あたりに見える "バッジ" に注目している。なるほど、カモフラージュ・シートの上からでも浮き出た形状がはっきりと分かるそれは、これまで公式に紹介された3台のコンセプト・モデル(2009年東京の「FT-86」、2011年ジュネーブの「FT-86 II」、2011年ニューヨークの「FR-S」)のどれにもなかったものだ。
FT86クラブによると、このバッジは中心部の円から左右にピストンが延びている形、つまり水平対向エンジン「フラット・フォー」をモチーフにデザインされたもので、FT-86が市販されるときに与えられる車名のロゴを象ったエンブレムだというのだ。


また、FT86クラブは、このテスト車両が装着しているホイールと、スバルのスポーツ部門「STI」製ホイールのデザインが酷似していることから、この車両はFT-86のスバル・バージョンのテスト車ではないかと見ているようだ。
STI製ホイール(左)とFT-86のテスト車両が履いていたホイール(右)

そう考えれば、ジュネーブでトヨタの関係者が「95パーセント市販モデルのデザイン」と漏らしたというFT-86 IIと、今回目撃されたテスト車のデザインが大きく異なっているように見えることにも説明が付く。
フロント・バンパー下部に埋め込まれているフォグランプは「インプレッサ WRX STI」との近似性を感じさせるし、トヨタ版FT-86がセンター部の盛り上がったボンネットを採用するのに対して、スバル版はこのテスト車の様にフラットなボンネットになるのかも知れない。となると、FT-86の市販モデルは、トヨタとスバルで大きくデザインを違えてくるという可能性が高くなる。

ちなみにFT86クラブでは、スバルから発売されるFT-86のことを「スバル 2000RS」または「スバル 216a」と仮称しているようだ。

公式デビューまで、あと(おそらく)半年。2009年はやや盛り上がりに欠けた東京モーターショーではあったが、今年は楽しみなイベントになりそうだ。


【Source: FT-86 Club

■関連リンク
【ジュネーブモーターショー】各国プレスも注目、トヨタ「FT-86Ⅱコンセプト」が公開!

トヨタとスバルのスポーツカー「FT-86」、偽装も新たに(?)今度はアメリカに出現!

【ビデオ】トヨタからも!フランクフルトに出展する新しい「FT-86」をチラ見せ!
【スパイショット】期待のFRスポーツ「FT-86」に、今度は大型ウイング付きテスト車が!

FT-86の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!