「アベンタドール」の初チューン車が登場!
オークリーデザインがチューンアップしたランボルギーニ「アベンタドールLP760-2」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ポルシェやフェラーリなどのチューナーとして有名なイギリスのオークリーデザイン。同社が以前に手がけたフェラーリ「458イタリア」からも分かるように、同社はスーパーカーに最適なアップグレードを加えた傑作を数多く生み出している。今回は、そんなオークリーデザインの手によるランボルギーニ「アベンタドール」をご紹介しよう。

写真のキャプションに「アベンタドールLP700-4」ではなく、「LP760-2」とあるのにお気づきだろうか。今回ご紹介するアベンタドールは全輪駆動ではない。オークリーデザインが、よりドライビングを楽しめるよう後輪駆動に改造し、さらにECUの改装、エアボックスの拡大やインテイクの調整、そして軽量のチタン製エキゾーストシステムを装備させたことで、最高出力を710ps から770psに、トルクを76kgmまでパワーアップしたのだ。

エクステリアにも手が加えられている。オークリーデザインがHREホイールと共同開発した超軽量でスタイリッシュなホイール(フロント19インチ、リア20インチ)に、ピレリP Zeroのタイヤが装着させているほか、大型のサイドシル、サイドベントやリアディフューザーによるスタイルアップが図られている。さらに、サイドミラーやルーフ、エンジンコンパートメントにはカーボンファイバーが使用されている。

アベンタドールのチューン車としては世界初となるオークリーデザインによる「アベンタドールLP760-2」の写真は、ギャラリーで。詳細はプレスリリース(英語)よりどうぞ。

Related Gallery:Oakley Design Lamborghini Aventador LP760-2


■関連リンク
【ビデオ】710psにチューンされた「458イタリア」が「アベンタドール」と高速道路で対決!
【ビデオ】 2台の「アベンタドール」が、ローマ市街やカントリーロードを疾走!

【スパイショット】ランボルギーニ「アベンタドール LP700-4」を激写! 貴重な写真が満載

アヴェンタドールに買い換えを検討されるなら!現在お乗りのクルマの査定はこちら!