【レポート】美しきスーパーカー、ザガート「ペラーナZ-One」がついに市販化
ペラーナ「Z-One」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

このところ、相次ぐ新モデルの発表で大忙しの名門カロッツェリア、ザガートが、アルファロメオ「TZ3 ストラダーレ」アストン・マーティンの新「DB4GTザガート」フィアット「500クーペザガート」に引き続き、ペラーナ「Z-One(ジーワン)」の販売を開始するという。車情報サイト『Piston Heads』によれば、まずは英国からの販売となるようだ。
ペラーナZ-Oneは2009年ジュネーブモーターショーでデビューし、話題を独占したモデル。そのボディは、「ウルティマ」、「アスカリ」、「ロッション」、「フェニックス」や「ノーブル」など、数々のスポーツカーをプロデュースしたリー・ノーブル氏の手によるもの。GM製LS3 V型8気筒エンジンを搭載し、最大出力は448psだ。納車時期は不明だが、いずれ英国以外の地域でも販売される予定で、只今予約を受付け中だという。

Related Gallery:Geneva 2009 Zagato Perana Z-One