「無限ユーロ」が200馬力にチューンした「ホンダ CR-Z」の画像を公開!
「無限」の欧州法人である「ムゲン・ユーロ」が、ホンダのハイブリッド・スポーツ「CR-Z」をチューンするという情報は先日お伝えしたが、7月に予定されているお披露目の前に、その公式画像が初公開された。

この「CR-Z MUGEN」と名付けられたクルマは、ホンダのハイブリッド・カー「CR-Z」をベースに、ホンダ車のチューニングやレース活動で有名な「無限」の欧州法人「ムゲン・ユーロ」がワン・オフで作り上げた車両。

排気量1,496ccの直列4気筒i-VTECエンジンは、特製強化パーツを使って組み直された上にスーパーチャージャーを装着。さらにホンダ自慢の電気モーターによるアシスト・システム「IMA」の電子制御プログラムにまで手を入れることで、197bhp(約200ps)の最高出力と25kgmの最大トルクを絞り出すことに成功したという。

ボディには大型のリア・スポイラーをはじめとする無限製エアロ・パーツを装着して空力特性を改善。カーボンファイバー製ボンネットの採用や後部座席の省略などにより、車両重量は約50kgほど軽量化されている。

足回りは5段階調整式ダンパーで強化され、軽量な無限「GP」17インチ鍛造ホイールを履く。大径ブレーキ・ディスクと4ポット・モノブロック・キャリパーでブレーキも強化済みだ。

インテリアではレカロ製バケット・シートと、センター・コンソール上に増設された3連メーターが目を引く。

このCR-Z MUGENは、驚くことに燃費も悪くないらしく、ムゲン・ユーロがテストしたところによると、市販モデルからそのまま残されているドライブ・モード切り替えスイッチを「ECONモード」にすれば、リッターあたり21km以上、スーパーチャージャーのパワーを引き出す「MUGEN モード」でも12km/リッター程度の燃費を記録したという。

実車は今年7月にイギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の会場で公開される予定だ。

ムゲン・ユーロの公式発表では「このCR-Z MUGENは、純粋なワン・オフ製作のプロトタイプとして開発された車両であり、市販する計画はない」としているが、多くの自動車メディアでは「顧客の反応次第によっては少数限定で市販される可能性も」と期待を込めて(込め過ぎて?)報じているようだ。

Related Gallery:Honda CR-Z MUGEN
Honda CR-Z MUGENHonda CR-Z MUGENHonda CR-Z MUGENHonda CR-Z MUGENHonda CR-Z MUGENHonda CR-Z MUGEN


【PR】ホンダ「CR-Z」の中古車価格ってどれぐらい? 検索結果を見てみよう!

関連リンク
―【画像231枚】グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに名車が大集合!
―「ホンダ CR-Z」にブラック内装の新グレード登場!イエロー・ボディも設定!

―ホンダ「CR-Z」のレース用モデル、無限「CR-Z MUGEN RR」が初公開!