メルセデスがSLS AMGベースの救急車を発表!!!
レーシング・シリーズのペースカーにスーパーカーが用いれることは、世界中で当たり前のこととなりました。 またスーパーカーがパトカーとして採用されることもそう珍しいことではありません。 では救急車はどうでしょうか? 沢山の機器を載せることを考えるとスーパーカーは最も救急車のベースとして適していない気がしますが、メルセデスには別の考えがあるようです。
 
今年の『RETTモバイル緊急車両エキスポ』にはたくさんの救急車が出展されていましたが、中でも人々の関心を集めたのがガルウィングを持つSLS AMGをベースにした救急車です。 任務達成のためSLSにはドイツの救急車カラーに身を包み、パトライトが装着され無線などのコミュニケーション機器を 積んでいるそうです。

エンジンは6.3リッター V8で、外装は『液体金属』カラーに塗られ、万が一の横転時のためにガルウィングには爆発装置も装着されています。 現場に最初に到着するという役目を担 いますが、ディフィブリレータ(心細動除去装置)などが積み込まれるかは今のところ不明とのことです。