アストン・マーティン、ザガートがデザインしたスペシャル・モデルを間もなく公開!
間もなく発表されるアストン・マーティン・ザガートの高解像度画像を見るには上の画像をクリック

アストン・マーティンは11日、イタリアのカロッツェリア「ザガート」と共同で新しいコラボレーション・モデルを製作すると発表した。これは両社が初めて共作した「アストン・マーティン DB4GTザガート」の50周年を記念して企画されたプロジェクトで、5月21日にイタリアで開催される「ヴィラ・デステ・コンコール」にて実車を初公開し、その後28日にはドイツ・ニュルブルクリンクでレース・デビューする予定だという。

イタリア・ミラノを本拠とするザガートは、第二次大戦前からスポーツカーやGT、レーシングカーのボディ製作とデザインを手掛けてきた名門カロッツェリア。ザガートが製作したボディは、軽量で、空力特性に優れることが特徴で、さらに個性的な美しさを感じさせることから今でも非常に人気が高い。これまでにアルファ ロメオやランチアをはじめとする多くのスポーツカーに、ザガートはスペシャル・ボディを架装してきた。

それまで、主にイタリア車のボディを製作してきたザガートが、イギリスのアストン・マーティンと初めて手を結ぶことによって誕生したのが、アストン・マーティン DB4GTザガートだった。高性能グランド・ツアラー「DB4」をベースに、チューンされたエンジンとザガートによる軽量ボディを載せたDB4GTザガートは、レースにおいて高い戦闘力を発揮しただけでなく「イタリアン・デザインを纏ったイギリス車」として独特の魅力を持つ。「最も美しいアストン・マーティン」と言われる所以だ。
DB4GTザガートが発表されたのは1960年だが、レースにデビューしたのは1961年。そこから数えると今年でちょうど50年になるというわけである。

今回発表される新しい「アストン・マーティン・ザガート」は、まだ公式サイトに上のティザー(チラ見せ)画像が掲載されたのみで、詳細が明らかになるまであと10日ほど待たなければならない。実車の公開後、顧客の反応次第で市販するかどうか決定するとのことだ。


下のギャラリーではDB4GTザガート以外にも、これまでにアストン・マーティンとザガートのコラボレーションから生まれた名車たちの画像をいくつかご用意した。
各モデルの細かなスペックについては別の機会に譲るとして、ザガートによる美しくも挑戦的なボディのスタイルとディテールを、じっくりご覧いただければと思う。

Related Gallery:Aston Martin DB4 GT Zagato


Related Gallery:Aston Martin V8 Zagato Volante


Related Gallery:Aston Martin DB7 Zagato


Related Gallery:Aston Martin DB AR1