【ビデオ】画期的な次世代型カーナビを映像で紹介!
「AIDA 2.0」のビデオを見るには下の画像をクリック

マサチューセッツ工科大学とフォルクスワーゲンが共同開発している未来のカーナビゲーションシステム「AIDA」の最新映像が届いたのでご紹介しよう。

AIDAは、「Affective, Intelligent Driving Agent(情緒的知的ドライブエージェント)」の頭文字を取ったもので、リアルタイムの交通情報にドライバーの傾向や好みなどの情報を組み合わせることで、より的確な運転サポートを目指すシステムだ。操作は手の動きを感知したセンサーが行うので、運転中にスイッチを操作する煩わしさが一切ない。さらに今回の発表では、ルート案内や目的地の情報、各種情報サービス、ステレオなどのコントロールパネルが、フロントガラスの下の部分に3Dで大きく映し出されることが明らかになった。

ラフード米運輸省長官が実用化を容易に許可するとは思えないが、画期的なシステムであることは間違いない。ぜひビデオを見て、未来のカーナビを体感してほしい。