【ビデオ】電動マシンによる「マン島TT」の熱戦を描いた映画が完成!
マン島TTXGPのドキュメンタリー映画『Charge』を見るには下をクリック

1世紀以上にわたり、イギリスのマン島で開催されてきたマン島TTレース。世界最速のオートバイが公道を疾駆するさまを見ようと、毎年多くのレースファンがアイリッシュ海に浮かぶこの島に集結する。しかし2年前の2009年、マン島TTレースにエポックメイキングなレースが加わった。それが電動バイクのみのレース、マン島TTXGPだ。ちなみに、爆音を響かせる内燃エンジンに慣れ親しんできたレースの後援者からは、このレースの開催に対し、少なからぬ抵抗があったという。

さて、この歴史的レースを扱ったドキュメンタリー映画『Charge, Zero Emissions/Maximum Speed』がまもなく公開されるそうなので、今回はこの映画をご紹介しよう(日本での公開は未定)。監督は、MotoGP初のドキュメンタリーで、2ストロークから4ストロークマシンへの転換を描いた『Faster』で知られるマーク・ニール(日本でもDVDが発売されている)。その『Faster』に続く本作では、テクノロジーのせめぎ合いと、新登場のEVマシンがレーシング界に巻き起こした波紋を描いているとのこと。ナレーションを担当するのは、ハリウッドきってのバイクフリークとして有名な俳優ユアン・マクレガーだ。さっそく『Charger』 の予告編をクリックして、クリーンで静かな、とはいえ迫力ある電動マシンの走りを堪能してほしい。