video-today-now-interviews-5-year-old
『ワイルド・スピード MEGA MAX』の"脚本家インタビュー"のビデオを見るには下の画像をクリック

カーアクション映画『ワイルド・スピード』のシリーズ第5弾、『Fast Five』が米国で封切られた。この公開に先立ち、米国のパロディ専門ネットワークがニュース番組『Today Now!』の中で、脚本を担当したクリス・モーガン氏のインタビューをパロディにして放映したのでご紹介しよう。

売れっ子脚本家、モーガン氏として登場したのはなんと5歳の少年。あどけない表情で「車が猛スピードで走って爆破される映画を作りたかったんだ」と語った。子どもらしいストレートな表現だが、米ポップカルチャー史に輝くカーアクションシリーズの真髄を見事に捉えているコメントだと言えよう。さらに"モーガン氏"は、激しいカーアクションが満載の本作で、存分に創造力を発揮できたといい、また映画は脚本のイメージ通りに仕上がっていると絶賛している。

ビデオでは映画の名シーンも紹介されているので、ぜひチェックしてほしい。日本では『ワイルド・スピードMEGA MAX』として10月に公開される予定だ。こちらも楽しみにしていよう。


Today Now! Interviews The 5-Year-Old Screenwriter Of "Fast Five"