【ビデオ】ダッジ「チャージャー」をロボットから奪還!
ロボットから車を奪い返すコマーシャルビデオを見るには下をクリック

日常生活の中で、コンピューターが活躍する割合は日に日に増えていく。Googleは、人間がハンドルを握らずに、車を走らせることができることを証明した。このままいけば、ロボットやコンピューターが車を運転する日が来るのかもしれない。しかし、すべてをコンピューターに任せていいものだろうか?コンピューターやロボットがはびこることで、テレビや映画のように、人間と機械の立場が逆転したりはしないだろうか?そんな未来に異を唱えたのがダッジだ。

2011年型ダッジ「チャージャー」の新しいコマーシャルでは、高度な技術が駆使された未来を垣間見ることができる。あらゆるものがデジタル化され、あちこちでロボットがせわしなく働いている世界だ。しかし、そんな状況にウンザリした1人の男性が、ロボットから自分の車を奪い返すことを決意する。そして映像は現在に戻り、"ロボットにハンドルは握らせない"というメッセージが流れる。

ダッジの言う通り、我々は機械に支配されるわけにはいかない。車の運転こそ自分で楽しみたいではないか。さっそく、その気になるビデオをチェックしてみよう!