【ビデオ】クラッシュ続出! 超危険なスーパースポーツ世界選手権
サム・ローズ選手がクラッシュする様子を収めたビデオを見るには下をクリック

先週末、オランダ・アッセンで開催されたスーパースポーツ世界選手権(WSS)。第3戦となるレースは、開始早々から波乱含みの展開となった。サム・ローズとアレキサンダー・ルンドがそれぞれクラッシュを起こし、レースの中断を知らせるレッドフラッグが2度も振られたのだ。

最初のクラッシュは、先頭を走るルカ・スカッサと、後を走るチャズ・デイビスの間を走行していたローズの転倒で起こった。だが、マシンが宙を舞うほどの派手なクラッシュだったにもかかわらず、鎖骨骨折と軽い脳しんとうだけで済んだという。現在のところ、彼はモンツァで開催される次の大会に出場予定だ。

一方のルンドは、レース再開後わずか2周目で、直前を走っていたマルコ・イエルマンの転倒に巻き込まれてクラッシュ。さらに後方から来たマシンにも追突されて手首を骨折した。しかし、先に転倒を喫したイエルマンは、打撲だけで済んだようだ。

2度のレッドフラッグで、レースは残り16周。3度目のスタートは、デイビスがうまく先頭に抜け出し、そのまま優勝を飾った。レースの詳細は「Two Wheels Blog」(英語)に掲載されているので、クラッシュの様子を収めたビデオと併せて、ぜひご覧いただきたい。



関連リンク
【ビデオ】奇跡的にコントロールを取り戻したライダー!

【ビデオ】高速道路走行中にバンド活動!?ロシアのクレイジーな若者たち
【ビデオ】MotoGPのライダーがマレーシアGPで死亡 事故時の映像を検証
【PR】 自動車保険一括見積もり