【ビデオ】パレード中に、フロートを牽引していたダッジ・デュランゴが炎上!
アメリカの首都、ワシントンDCにて開催された桜祭りパレードで、フロートを牽引していたSUVから火の手が上がりました。 ローカルTV局の報道によると、パレードの最中、2011年モデルのダッジ・デュランゴ・シタデルのボンネットから黒い煙が出始めました。 ボンネットを開けると、煙はやがて火に変わり、激しく燃え上がりました。 運がいい事にパレードには地元消防士も参加していたため、火はすぐに消し止められたという事です。 この事故により、パレードは15分ほど中断されました。
ダッジ・デュランゴがどれほど重いフロートを牽引していたかや、これがクルマが原因の事故なのか、あるいは人為的なミスによる事故なのかは不明です。 た だ確かなのは、大勢の人が注目するパレードの最中にデュランゴが燃え上がった事は、ダッジにとって相当痛手だということです。 

パレードの最中に燃え上がるダッジ・デュランゴのビデオを観るには下をクリックしてください。 
Related Gallery:Gallery: 2011 Dodge Durango: Review