自動車業界誌が選ぶ!ベスト・カーインテリア2011!!!
自動車業界誌『ワーズ・オートモーティブ』は、内装ベスト10を決定しました。 51車種をテストし、3台のラグジュアリーカー、3台のエコノミーカー、そしてスポーツ・セダンとミニバン、セダンとSUVを一台づつ選びました。 同誌のドリュー・ウィンター編集長は「これまで、こんなに多くの車種をテストした事はなかった」と述べ、さらに「自動車メーカーは新しく、可能な限り高品質なインテリアを全車種に搭載したいと考えている」としています。 
自動車のインテリアの流行は著しく変化しているようで、たとえば2車種がランクインしたのはダッジ・チャレンジャーとジープ・グランドチェロキーの2台が 選ばれたクライスラーのみ。 キアとヒュンダイを同じメーカーとして捉えるならば、エラントラとオプティマがランクインしています。 トヨタとレクサスは 選ばれておらず、またアキュラやメルセデスもランク外。 

一方、フォード・フォーカス・チタニウムやシボレー・クルーズなどが選べれています。 下の画像をクリックして、内装ベスト10をご覧ください。 あなたは『ワーズ・オートモーティブ』誌の意見に賛成ですか?反対ですか?

Related Gallery:Father's Day gifts under £20