ランボルギーニ購入者の7.4%が女性。フェラーリやロールスロイスは?!
TrueCar.comの調査によると、2010年にランボルギーニを購入した人のうち、女性の割合は7.4%で、全然に比べ2.2%上昇したことが明らかになりました。 ロールスロイスの女性購入者の割合も8%から9.3%に、またフェラーリも5.1%から6.4%にそれぞれ上昇しました。 高級車を購入する女性の割合の変化はわずかなものですが、上昇は上昇です。 TrueCars.comでは、なぜ女性購入者が増えたのかという理由については明らかにしていません。
調査結果を全体的に見れば、女性は男性に比べ安価で便利なクルマを買う傾向があります。 たとえば購入者の半数以上が女性の車種トップ10は、フォルクスワーゲン・ビートル、キア・スペクトラ、日産ローグ、フォルクスワーゲン・イオス、ヒュンダイ・アントラージュ、ボルボ・S40、ジープ・コンパス、ホンダCR-V、日産セントラ、そしてヒュンダイ・タクサンです。 予想通りの結果と言ってもいいでしょう。

一方、男性が好むクルマは(ピックアップトラックを除き)あまり便利とは言えず、スピードも速いクルマです。 トップ10はポルシェ911、GMCシエラ、シボレー・コルベット、シボレー・シルバラード、フォード・Fシリーズ、BMW M3、フォード・レンジャー、トヨタ・タンドラ、ダッジ・ラム、そしてアウディS5です。 男性が選ぶトップ10というより、田舎に住む白人が選ぶトップ10という感じがしないでもないですが、どちらにしろ、男性が選ぶクルマのほうが魅力的なのは間違いないようです。 

Related Gallery:Gadget gifts under £50