【スパイショット】新型スバル「インプレッサ」を公道で激写!
スパイショットされた2012年型スバル「インプレッサ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

先日スバルは、まもなく開催されるニューヨーク国際オートショーでのデビューに先駆け、新型「インプレッサ」側面写真を公開した。そして今回、その新型モデルを公道で激写したのでご紹介しよう。写真がとらえた黒の新型インプレッサはどうやらベースモデルのようだが、昨年11月のLAオートショーで公開された「インプレッサコンセプト」に比べると、かなり控えめなデザインとなったようだ。

新型モデルの詳細はまだ公表されていないが、昨年9月に新設計された水平対向ボクサー4気筒エンジンが搭載される予定だという。この新エンジンの燃費はハイウェイ走行で15km/l。全輪駆動モデルとしては見事な低燃費を実現していると言えるだろう。ボディタイプは従来どおりセダンとハッチバックがあり、すべてのモデルに全輪駆動が用意されているらしい。

新型インプレッサのデザインについては、ラリー仕様のブルーのボディカラーやゴールドのホイールなど、もう少しアグレッシブさが欲しいところだが、その最終判断は新型「WRX」と「STI」の登場まで待つことにしよう。

Related Gallery:Mini 50 Camden