【ビデオ】レース中に無人バイクが激走!?
無人バイクが走行するビデオを見るには下をクリック

今日はめったにお目にかかれないシーンを捉えたビデオを入手したのでご紹介しよう。

ビデオは、3月末に英国のドニントンパークで開催された2011年スーパーバイク世界選手権の一幕を撮影したもの。レース中、2台のバイクがカーブの中央付近で接触する様子が映し出されている。1台はライダーもろとも地面にたたきつけられるが、もう1台はライダーを吹き飛ばしたまま、なんと無人で走り続けるのだ。米国では、走る車の運転席から抜けだして、そのまま車を走行させる"ゴーストライディング"なる危険行為が流行しているそうだが、これこそ正真正銘のゴーストライディングだ。

しかも、どういうわけだか、このバイクはかなり長い間無人走行を続け、まるで再びレースに戻ろうとするかのように、トラックを目指して走っていく。トップを走行するライダーと激突するのではないかと、一瞬ヒヤッとさせられる場面もあるが、幸いにもこの無人バイクのせいで負傷者が出ることはなかった。

何はともあれ、ことの一部始終をさっそくビデオで見てみよう。情報提供者に感謝!



Epic Bike Crash Win!


関連リンク
【ビデオ】奇跡的にコントロールを取り戻したライダー!

【ビデオ】高速道路走行中にバンド活動!?ロシアのクレイジーな若者たち
【ビデオ】MotoGPのライダーがマレーシアGPで死亡 事故時の映像を検証
【PR】 自動車保険一括見積もり