【ビデオ】最強マッスルカーの誕生?!カマロZL1は550馬力!!!
シボレーは、フォード・マスタングのハイパフォーマンス・バージョンであるBoss 302やシェルビーGT500への挑戦状として、スーパーチャージャー付きのモンスターマシンを発表しました。 2012年モデルのシボレー・カマロ ZL1を見れば、もう誰も『カマロはマスタング5.0よりも遅い』などと言わなくなるでしょう。
馬力勝負に勝つためにシボレーは、550馬力を発生するスーパーチャージャー付き6.2リッターLSAエンジンをカマロの心臓部に収めました。 これで今のところ最速マッスルカーと言われているGT500にも直線では勝つことが出来るでしょう。

それだけでなく、ハンドリングでもBoss 302に勝利するべく、ZL1はコルベット ZR1から磁気ダンパーを拝借。 電子パワステと合わせて、相当優れたハンドリング性能を手にいれました。 これで、カマロ史上もっとも速いだけでなく、 最も優れたハンドリング性能を持つカマロZL1が完成したのです。

カマロZL1を早く運転してみたいものですが、実車が来るまではLSAエンジンのエキゾーストノートを聞いて我慢するしかありません。 

カマロZL1のビデオを観るにはココをクリックしてください。

Related Gallery:Mini E