【レポート】将来はF1もEV化!? FIAが電気自動車のグランプリ立ち上げを検討中!
英『テレグラフ』紙の記事によると、国際自動車連盟(FIA)の会長ジャン・トッド氏は、電気自動車でのグランプリの立ち上げを検討しているらしい。電気自動車をモータースポーツに取り入れることでFIAの認知向上を図るのが狙いのようだ。立ち上げが検討されているカテゴリーは、電気自動車のカートやシングルシーターなどだが、これが実現すれば、近い将来、電気自動車のF1が開催されることも大いにありえる。
しかし、この計画に待ったをかけると予想されるのが、F1界の重鎮バーニー・エクレストン氏。2013年からF1に低燃費エンジンが導入されることについて、すでに反対の意思を表明している同氏が、電気自動車のシリーズ化にも難色を示すことは間違いないだろう。果たしてどのような結論が出るのか、今後の動向を見守りたい。