ホンダS2000はこれまで、極度なシャコタンなどの思い切ったカスタムのベースにはなってきませんでした。 その理由は同車がピュアにスポーツを追及したモデルだったという事に加え、ライトウェイト・スポーツカーの中では比較的高価だったことが原因にあげられます。
しかし、ここに来て中古車価格が下がってきた事や、他にベースとなりうる車種が少ないこと、またカスタム車両も見た目とパフォーマンスを両立することが主流となっていることを背景に、S2000の派手なカスタム車両が急増しています。 

特にこのS2000は引っ張りタイヤにキャンバーを付け、見事なツライチ具合を実現しています。

元記事:speedhunter