噂のアウディ「A9」は、2ドアタイプが先行か?
ダニエル・ガルシア氏がデザインした「アウディA9」コンセプトカーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アウディにはすでにA1からA8までのナンバーがずらりとそろっているが、これに新たにA9が加わるという噂がささやかれている。

以前お伝えした情報では、A9は当初、メルセデスベンツのCLSクラスのような4ドアクーペになると見られていた。しかし、ドイツの自動車雑誌『Autobild』によれば、どうやらA9はまず2ドアのクーペとコンバーチブルが開発されるという。


プラットフォームに関しては、市販化が待たれるランボルギーニ「エストーケ」や、次世代ポルシェ「パナメーラ」、新型ベントレー「コンチネンタルGT」といった車に使用される予定の新型アウディ「A8」と同じものになる可能性が高いようだ。

初めにクーペが登場し、その後5ドアの「スポーツバック」バージョンが展開されたA5 ように、A9も2ドア発表後に4ドアモデルという流れになるのかもしれない。いずれにせよ、ダニエル・ガルシア氏がデザインしたA9のコンセプトカーのような、見た目もインパクトのある車になることを期待しよう。

Related Gallery:Daniel Garcia's Audi A9 Concept