【レポート】モーターの出力をアップした新型「CR-Z」の詳細を入手!
2011年型ホンダ「CR-Z」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ホンダが高性能バージョンの「CR-Z」を開発中であることは、みなさんもご存じだろう。 現行の「CR-Z」は、かつての人気車種「CR-X」の再来と期待されながら、パフォーマンスの物足りなさでファンをがっかりさせる結果となった。しかし、今度の高性能版には、パワーアップした「IMAハイブリッド・システム」が搭載されるという。


ホンダは、新型「CR-Z」のエンジン回りについて言及を避けているが、最大出力は160ps前後に引き上げられると予想されている。また、これによって現行モデルより燃費が落ちたり、二酸化炭素の排出量が増えたりすることはないらしい。おそらく、電動モーターの出力を上げるということだろう。

新型「CR-Z」の正式名称は現在のところ未定。発売時期は、新しいハイブリッド・システムの完成が2012年に予定されていることから、1年以上先になると言われている。

今後も「CR-Z」に関する情報は、随時お伝えしていきたい。

Related Gallery:2011 Honda CR-Z Review