ポンティアック車オーナーで、2010年に新車を購入した57,641人のうち53.3%の人たちは、GM製のクルマを購入したことがRLポーク&コ社の調査でわかりました。ポンティアック車からGM車に乗り換えた人の内訳はそれぞれ、シボレーが33.5%、GMCが11.7%、ビュイックが6.7%でキャデラックが1.5%となっています。
また、ポンティアック車からフォード車に乗り換えた人は10.5%で、ダッジへと流れた人は3.2%、クライスラーとジープは両方で1.7%となっています。
ポンティアック車オーナーでGM車に買い替えなかった人たちの多くは、輸入車へと流れたようです。全体の31%は輸入車に乗り換えていて、その内訳はトヨタが7.7%、ホンダが7.5%、また日産とヒュンダイもそのすぐ後ろに着けているとの事です。

この調査結果が示していることは、ポンティアック車のオーナーたちは次の新車を購入する時、やはり大量生産している有名自動車メーカーを選ぶということ。 例えポンティアックやGM以外のブランドを選んだとしても、それらはやはり値段も買いやすく大量生産され、全米にディーラーのネットワークが整っている自 動車メーカーのものだということです。

Related Gallery:In the Autoblog Garage 2009 Pontiac G8 GXP