【ビデオ】米人気番組『60ミニッツ』で、87年製ランボルギーニ「カウンタック」を大紹介
1987年製ランボルギーニ「カウンタック」のビデオを見るには下をクリック

今日は、米の人気報道番組『60ミニッツ』で、過去に放送された貴重なランボルギーニ「カウンタック」の特集を紹介しよう。同車は街で見かけることも少なくなった1987年製で、シャープなブレーキング、V12のモンスターエンジンを搭載したスーパーカーだ。


番組は、司会者のモーリー・セイファーが、ニューヨークからイタリアへ飛び、「カウンタック」に同乗するというもので、ハンドルを握るのは、ランボルギーニ伝説のテストドライバーである若かりし日のバレンティーノ・バルボーニ氏だ。

当時はテストコースもなく、「カウンタック」はランボルギーニの工場を飛び出すなり、一般道を爆走。時速290kmでイタリアの田園風景を駆け抜ける姿は必見だ。

ビデオで、ぜひランボルギーニの美しい姿を目に焼き付けてほしい。