やはりアメリカ西海岸はクルマ好きにとって理想的な環境が整っていると言えるでしょう。雨が少ないのでボディはサビませんし、毎週末どこかでカーミートも行 われています。ホットロッドやマッスルカー、トラッキンにローライダーなど様々なジャンルのプロショップも数多く軒を構えています。また、カリフォルニア には大小様々なサーキットも点在しています。

サスペンションメーカーのホットチックは先日、LA郊外にあるウィロースプリングス・サーキットを貸し切り、顧客や友人のために解放しました。集まった車種はロードランナーやチャレンジャーなどのマッスルカーから、現行型のカマロやマスタングなど。アメ車が多いのかと思いきや、BMW 1 シリーズやミニ、トヨタ・ヴィッツなども走りまわっているなど、参加車両はバラエティに富んでいました。レースではないので、あくまでも安全なコースで愛 車の限界まで攻め、そのリミットを知ることが大きな目標です。日本でも気軽に参加できるサーキットイベントが増えれば、より多くの人がクルマを好きになる のではないかと思わせるイベントでした。

サーキットイベントの高画質画像を見るには下をクリックしてください。
Related Gallery:HOTCHKIS TRACK DAY 2011


sauce:speedhunters