【ビデオ】フォードの新型「ポリス・インターセプター」が、競合車とガチンコ対決!
2011年型フォード「ポリス・インターセプター」のビデオを見るには下をクリック

アメリカのパトカーとして、長く採用されてきたフォードのクラウンビクトリア「ポリス・インターセプター」。その警護能力は、伝説のシボレー・カプリスでさえ及ばないと言われるほどだった。だが、惜しくもビクトリアをベースとしたインターセプターは今年でその役目を終えることになった。そこでフォードは、新型ポリス・インターセプターシリーズをリリースした。

この新型モデルの登場に先立ち、競合車との比較が行われた。場所は、フォードの本拠地、デトロイト近郊ディアボーンで、比較相手は「ダッジ・チャージャー」と「シボレー・タホ」だ。


対する新型インターセプターのベースとなったのは、2011年型エクスプローラートーラスの2台。エクスプローラーは高トルク化と省燃費化を実現したTi-VITの3.7リッターV6エンジンを搭載し、最大出力304psをたたき出す。一方のトーラスは、最大出力284psの3.5リッターV6エンジンか、3.5リッター、370psのエコブースト・エンジンのどちらかが選択できる。ちなみに、今回の新型インターセプターは、これまでの後輪駆動ではなく、前輪もしくは四輪駆動であるという。

ぜひビデオで、競合車を尻目に水辺や砂地でも小気味よく疾駆するフォード車の奮闘ぶりを見てほしい。