【ジュネーブモーターショー】フェラーリの専門チューナーが、超特別な「458イタリア」を製作
ノビテックロッソが手掛けたフェラーリ「458イタリア」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

フェラーリを専門に扱うドイツのチューナー、ノビテックロッソ。彼らがチューニングしたモデルは、オリジナルの性能を上回っていることで有名だ。今回、同社がフェラーリ「458イタリア」のチューンナップモデルをジュネーブモーターショーに出展した。彼らの自信作だけあって、素晴らしい出来栄えとなっている。


ベースとなったフェラーリ「458イタリア」は、4.5リッターV8エンジンを搭載し、最高出力570ps、最大トルク55kgmのミッドシップスポーツカーだ。これだけで十分満足のいく車だが、ノビテックロッソはエンジンマッピングの設定や排気システムを変更することで最高出力617ps、最大トルク58kgmを実現。さらにレブリミットも9000rpmから9100rpmにアップさせた。一見僅かな差だが、これでさらなるスピードが楽しめるのだ。

エンジンの他にも、サスペンションをアップグレード。また、軽量ホイールを採用し、ボディの随所にカーボンファイバーを使用することでボディ自体の軽量化にも成功している。その結果、ノビテックロッソ版「458イタリア」はオリジナルよりも、軽やかでより速いモデルへと進化した。エキゾースト音も凄まじく、外観デザインも申し分ない。ぜひその姿を高解像度ギャラリーでチェックしてほしい。

Related Gallery:Novitec Rosso 458 Italia Geneva 2011