【ジュネーブモーターショー】VWが近未来型のクールなMPVを初披露!
イタルデザイン・ジウジアーロによるフェルクスワーゲンのコンセプトカー「GO!」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

フォルクスワーゲン・グループは、ジュネーブモーターショーで、新しく傘下に入ったデザイン会社、イタルデザイン・ジウジアーロの手掛けたコンセプトカーを2台発表した。1台は小型ハッチバック「テックス」で、もう1台は近未来的な雰囲気の漂うMPV「GO!」だ。


「GO!」には、フォルクスワーゲンが開発した「ブルーeモーション」と呼ばれるEVのパワートレインが採用されており、同社によれば1回の充電で最大240kmの走行が可能だという。

だが、この車の売りはパワートレインだけではない。スライド式の個性的な後部ドアや、大型ガラスルーフも特徴的だ。また、シートの位置も高めに設定されているとのこと。

詳細は高解像度ギャラリーでチェックしよう。

Related Gallery:サーマルティク Level 10 M ゲーミングマウス


Related Gallery:東芝 Satellite U925t (IFA 2012)