約14億円をだまし取った詐欺師の高級車が競売へ! 中には貴重な一台も
競売にかけられる自動車の詳細リストは上の画像をクリック

昨年12月、アメリカのバイロン・キース・ブラウンという人物が、インターネットを通じてネズミ講を行い、投資家から約13億9000万円をだまし取ったとして15年の懲役刑を言い渡された。

その後、連邦政府は、この男が所有していた高級車を同州で行われるオークションに出品したという。


出品リストには、BMWベントレーメルセデス・ベンツランボルギーニランドローバーといった名だたる高級車がずらりと記載されており、なんと1936年型オーバーン・スピードスターのレプリカまであったそうだ。

どの車も状態はかなり良かったそうだが、政府主催のオークションということもあり、相当な安値で取引された可能性もある。もし、我々にお金があれば、オークション会場に飛んで行き、実物を確かめることもできただろう。

オークションは3月1日に終了しているが、政府のオークションサイトでは出品された全車の詳細を確認することができる。興味のある方は、ぜひチェックしてもらいたい。