脅威の788psを誇るMTMのアウディR8が、ジュネーブでデビュー!
MTMが手掛けたアウディR8 Biturboの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ドイツの名チューナーMTMが、今月3日から開幕するジュネーブモーターショーに、「アウディR8 Biturbo」を出展することが分かった。
この車の特徴は、何と言っても光り輝くアルミニウム製ボディ。塗装をどう剥がしたかは不明だが、ボディを磨き上げるのに、なんと700時間以上もかかったという。


さらに、驚くのは外観だけではない。MTMはR8に、788psを誇るツインターボエンジンを搭載したというのだ。その結果、時速350kmという驚異のスピードを実現している。

また、同チューナーは、この他にも最高出力478ps、時速312kmを発揮するアウディTT RSもジュネーブモーターショーで披露するという。ぜひ、最速R8と合わせてチェックしてほしい。さらに詳しい情報を知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。

Related Gallery:Alfa Romeo 4C Concept