【ビデオ】64年式のフォードを乗り続ける、誇り高きオーナーを紹介!
1964年型フォード・ギャラクシー500XLのビデオを見るには下をクリック

世の中に車好きは山ほどいるが、1台の車に思いを寄せ、乗り続ける人は滅多にいない。多くの場合、古くなった愛車は、売られたり、スクラップにされたり、新車に買い替えられたりするものだ。

だからこそ、絶版となったモデルを手元に残し、時折その愛車でドライブを楽しむ人を見ると、心から称賛してしまう。今日は、そんな誇り高きオーナーと彼が所有する1台を紹介しよう。


その愛車とは、1964年モデルのフォード・ギャラクシー500XL。オリジナルモデルは、6.4リッターのV型8 気筒エンジンに4速MTを組み合わせた2ドアタイプのフルサイズカー。しかし、今回のギャラクシーは、パワートレインがより大排気量の7リッターを誇るエンジンと4速のフォード製トップローダーに変更されたモデルで、マッスルカー好きにはたまらない1台となっている。

オーナーによると、この車はもともと酒の密売業者が所有していたものだという。激動の時代を走り抜いたギャラクシーの姿を、ビデオでぜひ見てもらいたい。

Some Old Ford from Ben Pender-Cudlip on Vimeo.