【ビデオ】マイナス31度の中で行われた、マツダの氷上レース!
マツダ「MX-5」の氷上レースのビデオを見るには下の画像をクリック

マツダが、スウェーデンのオーレで2月21日から4日間限定で、氷上レースを開催した。参戦したのは20台のマツダ「MX-5(日本名ロードスター)」で、し烈なレースは4時間にわたって繰り広げられた。


気温マイナス31度という極寒の中、レースに参加したのは、マツダが世界26カ国から招待したジャーナリストやMX-5愛好者たち。スパイクタイヤを装着していたとはいえ、プロレーサーではない彼らにとって、氷上での運転は困難を極めたに違いない。

レースは周回数を競うもので、1周5kmのコースを制限時間内にどれだけ走れるかが争われた。レース序盤ではオーストラリアチームが優勢だったが、終盤にスピンをしてしまい、ロシアチームに勝利を譲る結果となってしまった。 この氷上の熱戦の模様をぜひビデオでチェックしてほしい。
Related Gallery: