「最新のポルシェが最良のポルシェ」なら、このナロー・ボディはいかがですか?
「最新のポルシェは最良のポルシェ」と常に言われてきましたが、これは最新技術を盛り込んだり、より快適に速く走れることを「最良」と表現しているにすぎません。 実際のところ、930や964、993などの空冷が最高だという向きも多く存在し、ヴィンテージや空冷ポルシェの人気が高いことをみても、「最良のポルシェ」は必ずしも「最新」ではなく、それは人によって異なると言えるでしょう。
空冷ポルシェの中でもナロー(1974年以前に生産された911)は生産終了から30年以上がたち、ボディやエンジンに何らかの手を入れないと日常生活で使用するのには支障をきたす車両がほとんどのはずです。

アメリカにある「シンガー・ビークル・デザイン」はナロー・ポルシェのフルレストアの専門店。 同ショップが展開するレストア・プランに任せれば、ボロボロのナローであっても写真のような現代版に生まれ変わります。 まさに2011年モデルのナローポルシェと言えるでしょう。 古いお気に入りのポルシェもまさに最新版のように生まれ変わる。 ということは、やっぱり最新のポルシェが最良のポルシェなのかも?!

sauce:speedhunters

ポルシェの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

関連リンク
【次期911情報①】 ポルシェがハイブリッドモデルを否定!

【次期911情報②】新型は7速マニュアルに?

【ビデオ】まるでアクション映画さながら! 1万発の銃弾を浴びたポルシェ「911」