ジウジアーロが手掛けたVWの新型コンセプトカーが、ジュネーブ前に流出!
フォルクスワーゲン・イタルデザインコンセプトの高解像度ギャリーは下の画像をクリック

ジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインとフォルクスワーゲングループは、長年にわたり共同開発を行ってきた。ジウジアーロは、代表作でもある初代ゴルフシロッコに加え、フォルクスワーゲンW12コンセプトやセアトブランドなど、同社傘下ブランドのデザインを幅広く手がけてきた。世界に誇るランボルギー二ブガッティの中にも彼の作品がある。

そのイタルデザインが、昨年5月にフォルクスワーゲンの傘下に入った。そして、ようやく第1弾となるコンセプトカーができ、2車種の写真を入手したので、早速紹介しよう。


ヨーロッパ専売特許登録簿より流出したと思われるこれらのコンセプトは、ジウジアーロが次世代ゴルフやポロを念頭に置いて描いたデザインのように見える。新型シロッコか、今年発売予定の小型車「up!」の可能性もある。

この2台のコンセプトには電気モーターが搭載され、来週開催のジュネーブモーターショーで発表されるとも噂されている。詳しい情報が入り次第、またお伝えするので、それまではギャラリーにアップしたコンセプトモデルを見てもらいたい。

Related Gallery:Worst Newspaper Typos