マセラティ「グランカブリオ・スポーツ」が、ジュネーブでお披露目!
マセラティ「グランカブリオ・スポーツ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

マセラティはこれまで、ジュネーブモーターショーで多くのモデルを登場させてきた。2007年には最高出力405psを発生するフェラーリ製の4.2リッターV型8気筒エンジンが搭載したマセラティ「グランツーリスモ」。その1年後には、4.7リッターのユニットをGTに積み込み、最高出力440psを誇る「グランツーリスモS」を発表している。

そして今回のジュネーブでマセラッティは「グランカブリオ・スポーツ」の発表を予定しているという。


この注目の4シーターコンバーチブルには、最高出力456psを誇る4.7リッターV8エンジンの改良版が搭載されると言われている。トランスミッションは「グランカブリオ」と同じZF製の6速オートだが、素早いギアチェンジを可能にする「MCオートシフト」と呼ばれるプログラムが採用されている。

また足回りには、スカイフックアクティブサスペンションやアップグレードしたブレーキが装備。さらに、画像でも確認できるように、スポーツ仕様のパーツがいくつも取り付けられている。

モーターショー前に詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ!

Related Gallery:Taylor Gunz