現代に甦った名車、フェラーリGTO!見た目は599でも中身は別モノ?!
今年の東京オートサロンで、このマットホワイトのフェラーリを目にした人も多いのではないでしょうか? しかし、これが599ではなく、599XXのストリート・バージョンであるGTOだと気づいた人は多くはないと思われます。
フェラーリの中でも特別なモデルとして位置付けられているGTOは、心臓部にV12 6リッターを押し込み、最大出力は670馬力を発生。フィオラノにあるフェラーリのテスト・トラックを驚異の1分24秒フラット(!)で駆け抜けます。ちなみに、エンツォのタイムは1分23秒だということを考えると、GTOがどれだけ速いかが用意に想像できます。 GTOが静止状態から時速100キロに達するまでに要する時間はたったの3.35秒、最高時速は320キロを楽々オーバーだそうです。

東京オートサロンに行けなかった人、行ったけれどGTOを見逃した人は、下の画像をクリックしてGTOの写真をご覧ください

Related Gallery:Street Style - Jubilee


sauce:speedhunters