10台限定! ランボルギーニ「ガヤルド」のシンガポール専用モデルが登場
ランボルギーニ「ガヤルド」、シンガポール特別限定車

高級車メーカーにとってアジア市場の重要性は日に日に増している。もちろんランボルギーニも例外ではない。今年は同社がシンガポールに進出して、10年という節目の年になる。そこで、10周年を記念したランボルギーニ「ガヤルド」のシンガポール特別限定車が発売された。


このモデルは、ランボルギーニとシンガポールの代理店が共同で企画したもので、カラーは白と黒の2色。車体の横には、赤いラインとシンガポールのシンボル的存在であるマーライオンのマークが付いている。

わずか10台のこの限定車はすでに完売したようで、先日シンガポールの高級ホテル「マンダリン・オリエンタル」にて車両引き渡しが行われたという。なお、1台の売り上げにつき約130万円が、シンガポールの全国紙『ストレーツ・タイムズ』の運営する「スクール・ポケット・マネー基金」に寄付され、恵まれない子供の教育支援に役立てられるそうだ。詳細については、こちらのサイト(英語)をどうぞ。

関連リンク
缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!
【SIS】「ランボルギーニ・ガヤルド」のレンタカー! 料金は?
【ビデオ】「ガヤルド」「SLK」「フェアレディZ」を次々と飛び越える超ジャンプ男!