必見!マクラーレンの歴史。セナやハミルトンのF1マシンから市販車まで。
レーシングチームとしてのマクラーレンは、初期のころからF1に参戦し、またカンナムやインディなど北米でのレースや、ル・マン24時間レースでも輝かしい成績を残している名門中の名門チームです。 セナがドライブした赤白のマルボロカラーのF1マシンは、誰もが一度は目にし事があるでしょう。 近年では、2008年にハミルトンが(当時)史上最年少チャンピオンを獲得したシルバー/ホワイト/ブラック/レッドを基調としたマクラーレンのコーポレートカラーのマシンも印象的です。
そんなマクラーレンは先日行われたオートショー・インターナショナルにて、自社の歴史を振り返るように数台のレースカーと市販車を展示しました。

セナとプロストがドライブしたマルボロカラーのマシンから、ハミルトンのコーポレートカラーのマシンまで、世界最速マシンの変化を見ることが出来ます。

また最新のMP4-12Cやル・マン優勝車のF1 GTRなども展示。

マクラーレンファンだけでなく、レースファン全ての人にとって興味深い内容となっています。 マクラーレンのレースカーの写真を見るには下をクリックしてください。

Related Gallery:MCLAREN CHAMPIONS PT.I


sauce:speedhunters