潜入! ラジコン会社『hpiレーシング』はおもちゃの宝庫だ
ラジコンが嫌いな人なんているでしょうか? 大人になってからは遊ぶ機会がなくても、ラジコンは誰もが直観的に楽しめる素晴らしい遊びだと言ってよいでしょう。

米ウェブ媒体『スピードハンターズ』のフォトグラファーであるマイク・ギャレットは、アメリカの大手ラジコン会社『hpiレーシング』を訪れました。

まず出迎えてくれるのはロビーに置かれたhpiレーシング仕様の2台のインプレッサとカバーに覆われたフェラーリの実車(このカバーは絶対に取ってくれませんでしたが、そのシルエットからしてエンツォだと見てほぼ間違いないでしょう)。

社内にはF1やバハ参戦車両をモチーフとしたラジコンがいたるところに展示されています。 また、hpiレーシングが力を入れているのがダイキャスト。マイクは同社がダイキャストを作っているのを知らなかったということですが、それもそのはず、そのほとんどは日本とヨーロッパ市場向けなんだそうです。ザウバー・メルセデスやマツダ787Bなど今にも動きだしそうなほどデティールに忠実で、精密に出来ています。

hpiレーシングの画像を見るには下の画像をクリックしてください。

Related Gallery:High Falls


sauce:speedhunters