コルベットZ06でドリフト?!製作中なのはドリフト・カマロを担当したあのショップ!
コンラッド・グルンワルドが、北米最大のドリフト選手権にして、ここ数年はアジアでの人気も高い『フォーミュラDシリーズ』にシボレー・カマロで参戦したのは記憶に新しいことです。

「ドリフトは日本車がベース」という概念を覆し、迫力の走りを披露してくれました。そんなドリフト仕様カマロを製作したショップ『Blu808』が、今度は2011年モデルのコルベットZ06をベースに、フォーミュラD参戦車両を作っているとのことです。
足回りはコルベットのスペシャリストであるLGモータースポーツが担当し、あり得ないほどの切れ角を可能に。また、アメリカン・ル・マンシリーズで培った経験を元にボディとエンジンを仕上げているようです。このマシンは4月のフォーミュラD開幕戦でデビューする予定だそうです。 

Related Gallery:THE BLU808 C6 CORVETTE DRIFT CAR


sauce:speedhunters

関連リンク

【ビデオ】コルベット・レーシングがル・マンの走り方を解説!

【ビデオ】コルベットZ06でのサーキット走行に母親を誘ったら!?
【ビデオ】420馬力エンジンとエアコン・パワステ・ATを備えた'58年型「コルベット」はいかが!?
【PR】 事故は怖い!そんなあなたに自動車保険一括見積もり