ランボルギーニ「アベンタドール」が、ジュネーブモーターショーで公式デビュー!

ランボルギーニの最新型フラッグシップ「アベンタドールLP700-4」がついにベールを脱ぐようだ。これは米国の自動車メディア『オートモーティブ・ニュース』が伝えたもので、アベンタドールは以前からの噂どおり、3月のジュネーブモーターショーで公式デビューするという。

それにしても、正式発表前にも関わらず、内覧会の時点で初年度の生産分がすでに完売しているというから驚きだ。


自動車業界アナリスト、クリストフ・ステューマーによると、不況を乗り切った富裕層に、再び購買意欲が戻ってきているという。アベンタドールはこうした需要にはうまく乗った一台といえるだろう。ランボルギーニはアベンタドールの価格を約3099万円としており、3月初旬までに100台を出荷するとのことだ。

最大出力700PS、V12気筒エンジンを搭載するこの新型車の魅力は、なんといってもスピード。ランボルギーニ史上最速のスーパーカーは、0-100km/hの加速が2.9秒、最高時速は350km/hをマークするという。 富裕層とはかけ離れた生活をしている我々としても、ジュネーブモーターショーでの公式発表が今から楽しみだ。

関連リンク
【ビデオ】710psにチューンされた「458イタリア」が「アベンタドール」と高速道路で対決!

ランボルギーニの新型スーパーカー「アヴェンタドール LP700-4」、ついに正式発表!
缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!
【PR】 アベンタドールの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!