「ワールドカーオブザイヤー」の最終ノミネートカー、10台が決定!

先日、「ワールドカーオブザイヤー」のニュースをお伝えしたが、今日は世界各国のモータージャーナリスト66人が選んだファイナリスト10台を紹介しよう。

最終候補に残ったのは、アウディ「A1」「A8」をはじめ、BMW 5シリーズ「X3」ジャガー「XJ」ジープ「グランドチェロキー」メルセデス・ベンツ「SLS AMG」日産「リーフ」ポルシェ「カイエン」ボルボ「S60」/「V60」の10台。 これらの車は、審査員が実際にコースを走行して選出したもので、最終投票の際には、全般的な評価や値打ち、安全性、環境性、人気などが改めて審査される。


ところで、「リーフ」と同じEVカーでありながらシボレー「ボルト」は選から漏れている。理由は不明だが、審査員の好みによるところもあるのだろう。ちなみに、過去のイヤーカーは、昨年がフォルクスワーゲン(VW)「ポロ」で、09年はVW「ゴルフ」、08年はマツダ「2」(日本名:デミオ)、07年はレクサス「LS460」、06年はBMW 3シリーズ、そして05年の初受賞はアウディ「A6」となっている。

10台のファイナリストはさらに3台に絞り込まれ、3月1日から開催のジュネーブモーターショーで発表される。その後、4月21日にはニューヨーク国際オートショーで、優勝車が発表されるので、楽しみに待っていて欲しい。

プレスリリース(英文)と全ファイナリストの画像をチェックすることもお忘れなく!

Related Gallery:Jessica Szohr