【速報】大阪オートメッセ2011開催! 会場にて殺人事件?!
今年で15回目を数える大阪オートメッセが、2月11~13日にインテックス大阪で開催された。

大阪オートメッセは、東京オートサロン、名古屋オートトレンド並んで3大ドレスアップ・チューニングカーイベントとして非常に人気があるショーである。
先月開催された東京オートサロンは自動車メーカーブースとしてトヨタ日産ホンダスバルスズキが出展し第二のモーターショー的な盛大さがあったが、今回の大阪オートメッセは、自動車メーカーブースはトヨタ1社のみ。その分関西系に強いショップやオーディオ視聴ブース、エイベックスのイベント等が充実しており、東京オートサロンが自動車用品ショーとするならば、カーライフショーといった趣がある。
特にエイベックスのイベントでは、鈴木亜美や後藤真希等著名なアーティストが登場するとあって、一時入場制限が出るなどの来場者がいる程好評を博した。

車輌展示ブースの中で特に人だかりが出来ていたブースは、クラウンやアリスト等のドレスアップパーツを手がけるカーセンスのブース。
物々しい殺人現場を思わせる人型の白線と立ち入り禁止のテープに横付けされたクラウン。
そのクラウンはなぜかネガティブキャンバーにBBSのホイール、派手なイルミが装着されている。
その脇に尋問を思わせる警察官と定番のカツ丼。
かなり意味不明な展示ではあったが、子供からお年寄りまで、とにかく集客力のあるブースであった。
カーセンスとしてはとにかく知名度を上げたいということで、このような楽しい展示にしたのだろうが、
その目論見はずばり的中したといってよいだろう。
このような面白系の展示は東京オートサロンでは楽しめない大阪オートメッセならではのもの。
大阪オートメッセは、単なる東京オートサロンの地方版という域に収まらない熱気と笑いを感じられる演出が楽しめるショーであるといえよう。

Related Gallery:automesse