HKSプレミアム・デイが、富士スピードウェイにて開催!
日本最大級のチューニングパーツ・メーカーであるHKSは先日、富士スピードウェイにてHKSプレミアム・デイ2011を開催しました。 参加車両はド派手に飾られたショップ自慢のデモカーから、ライトチューンのオーナー車まで様々。
中でもピスト・レーシングが仕上げたR32とR33はこれ以上ないほどのオーラを放っていました。 R32はそのボディワークとロールケージの入りを見るだけでも、R32チューンもここまで来たかと感じざるを得ません。 また、R33のケージもフロントAピラー留めでこちらもいかにもな佇まい。 一方オーナー車も負けてはいません。 リアに『最速』と落書きのされたR35は、ウィングやトランク、ホイールや車高からいかにも速そうな雰囲気が伝わってきます。 他にもランエボやインプレッサ、RX-7やRX-8、シビックやCR-Zにスーパーチャージャー仕様のLS460など、とにかく色々なジャンルのクルマが参加していました。 HKSプレミアム・デイ2011の画像を観るにはココをクリックしてください。

Related Gallery:Michelle Sanchez

sauce:speedhunters