【ビデオ】ハミルトンとバトンも開発に加わったマクラーレン「MP4-12C」が、いよいよ販売スタート!
グッドウッドを疾走するマクラーレン「MP4-12C」のビデオを見るには下の画像をクリック

一般顧客向けに販売されるマクラーレン「MP4-12C」の生産がようやくスタートした。

現在、1台目を製作中のマクラーレンは生産開始を記念して、MP4-12Cの開発テストやデモ走行の映像を集めたビデオを公開したので、早速紹介しよう。


ビデオには、マクラーレン・メルセデスに所属するF1ドライバー、ルイス・ハミルトンジェンソン・バトンが開発テストでプロトタイプのハンドルを握る様子や、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでのデモ走行、イギリスの車情報番組『トップギア』で実施されたウインターテストの模様が収められている。

MP4-12Cは年内に計1000台が生産される見込みで、価格は約1900万円からとなっている。搭載されるエンジンは3.8リッターV8ツインターボ・エンジンで、最高出力約608ps、最大トルク約61kgmを生み出すようだ。

さらに今回は、ビデオのほかにギャラリーも用意したのでぜひご堪能いただきたい。写真を見る限り、初代MP4-12Cはもう間もなく完成するだろう。
Related Gallery:14 Animal High Fives