【ビデオ】グランツーリスモ5の上位プレイヤーの反則行為が明らかに! 
北米GTアカデミーで反則行為をする様子を収めたビデオを見るには下をクリック

現在、アメリカでは去年ヨーロッパで好評を博したプロレーサー育成コンテストの「GTアカデミー」が開催中だ。

プロレーサーの座を懸けて参加した『グランツーリスモ5』のプレイヤー数は、ラップタイムやレースによって徐々に絞られている。しかし、そのコンテストで深刻な問題が起こっていることが明らかになった。 『グランツーリスモ』のオンラインコミュニティーサイトであるGTプラネットによると、なんと現在の上位3名は、コーナーを回らずに芝生を突っ切るといった、とても容認できない反則行為でラップタイプを打ち出しているというのだ。


確かに、実際のレースにおいても反則行為は起こり得るので、ゲーム上でルールを破って速いタイムを出す方法を考える人が出てきても不思議ではない。だが、そんなインチキをする人間に、プロレーサーへのチャンスを与える必要があるのだろうか。とはいえ、現在のところ、主催者側のポリフォニー・デジタル社はこの反則行為に対して、具体的なコメントを出していない。

最後に、コースのショートカットをする映像を収めたビデオを入手したので、ぜひ見ていただきたい。