【ビデオ】キャデラックCTS-Vに、特別モデルの「ブラックダイヤモンドエディション」が登場!
キャデラック「CTS-V ブラックダイヤモンドエディション」の高解像度ギャラリーを見るには下をクリック

ゼネラルモーターズ(GM)は、ハイパフォーマンスなキャデラック CTS-Vに新装備を加えた「ブラックダイヤモンドエディション」モデルを発表した。

ラグジュアリーなCTS-Vが一層個性的になったこの特別モデルの最大の特徴は、なんといってもJDSU製のスペクトラフレアー顔料で塗装されたブラックのボディカラーだろう。ダイヤモンドのようなキラめきを放っており、キズをつけたらすべてが台なしと思えるほどゴージャスな装いを実現している。また、サテングラファイトの19インチホイールとイエローに塗られたブレンボ製のブレーキキャリパーも外観に華を添えている。


さらに、内装にはスエード調のマイクロファイバー素材を使ったレカロシートを採用。キャビン全体にあしらったウッドトリムも高級感を醸し出している。GMは、「ブラックダイヤモンドエディション」を上質なテーラーメイドのタキシードをイメージして生み出したと語っている。

価格はMT車が約570万円から、AT車が約580万円からとなっており、従来のCTS-Vよりも、40万円ほど高い。また、この特別モデルはCTS-V全ラインナップ(セダン、クーペ、ワゴン)に設定されるという。

ビデオには、GMのデザイン担当者が「ブラックダイヤモンドエディション」の詳細を語っているのでチェックしてみよう。プレスリリース(英語)も参考に。

Related Gallery:Morally Corrupt TV and Movie Lawyers